2011年09月03日

先程の続き・・・


 こんにちわーーーーーーーー晴れ晴れ晴れ

 引き続きの続編です演劇演劇演劇

 さてさて、我らが日本代表の戦いぶりですが、

 香川、柏木、長谷部を中心になんとかシュートを放つがなかなか得点ならずバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

 中央に人数を絞って防戦する北朝鮮代表・・・・・

各個人個人のプレーを見る限りはズバ抜けて個人技を持つのはFWチョン・テセのみ

だが、何せ気迫がすごい!!!!


””個人技?戦術?フォーメーション?俺たちには関係ない!!絶対に得点だけはさせない!!””

という気迫がひしひしと感じられます。

そこで我らがザックが最初のカードを切る!!


OUT 柏木
IN  清武

そして、清武は岡崎が入っていた右サイドに入り、岡崎は左サイドに移動、それに伴い香川が得意のトップ下に入る!!

図にするとこんな感じ
    
    変更前                 変更後


    李                    李

香川  柏木  岡崎          岡崎   香川   清武


きたきたきたきたきたきたきたーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


遂にきた!!!

香川がトップ下に入ったぜ!!!



・・・・・・・・

バティさんが考えるにこれは選手全員への合図!

””絶対に点を取れ!!その為に清武を出場させてるんだぞ!!フォーメーションを変えてるんだぞ!!””

その合図を読み取ったのか、俄然ゴールに向かって突き進む日本代表!!!!


・・・・・・・・


んんんんんんんーーーーーーーーーー


流れは徐々に変わりつつあるが・・・・・・・


と、ここでザック監督がこの試合で最大のターニングポイントであり、一大決断を下す!!!!


OUT  李
IN   ハーフナー・マイク


えええええええええ!!!!!!!

なんと試合直前に本田、中村の代わりに追加召集を受けた長身194cmのFWハーフナー・マイクが投入!!

もちろん日本代表初召集+初出場パンチパンチパンチ

なんて大胆な!!!!!!!!

簡潔にご説明すると・・・・

OUT した”李・忠成”は敵の動きに合わせて裏を取る、スペースを見つける万能型タイプのFW

IN の”ハーフナー・マイク”は長身を活かしたパワープレイはもちろん、足元も技術も高い”李”よりパワーを前面に押し出したCFタイプ


意図としては、「もう、日本らしいパスサッカーにこだわっている場合じゃない!!どんな手を使ってでも力任せ、腕ずくででもなんとか点を取るぞ!!」
という、北朝鮮代表にも負けず劣らずのただならぬ気迫を感じました。


ただただ・・・・・・・・・・・


ゴールが遠い・・・・・・


試合の流れはどう見ても日本が主導権を握り、もうゴールを割るのは時間の問題・・・・

柔道でいうと誰がどう見ても”優勢勝ち”

でもサッカーには内容が良くても点を取った方が勝ちというルールがある以上、いくらテクニックがあっても、パスを上手にまわしても、どれだけ相手を苦しめても点を取らないと勝ちではありませんパンチ

んんんーーーー!!!!!!

厳しい世界だ!!!!!


がんばれ日本代表!!!
がんばれ清武!!!
がんばれ香川!!!

・・・・・・・・・・・・・・

ただ無常にも時は無得点のままながれ試合は引き分けムードに・・・・・

北朝鮮代表は攻撃の核FWチョン・テセまでもをベンチに下げ、徹底的に守備固めに入る!!!


もうあかん・・・・・・・・・・・・・・・


いやいやいやいや!!!あかんくない!!!


誰か・・・・・・早くゴールを・・・・・・・

とそのときコーナーキックをもらい続けていた日本代表に”ミンナのヒーロー”バティさん”をも凌ぐ意外も意外なスーパーヒーローが現れた・・・・・・

彼の名は「 Maya Yoshida 」

オランダはVVVフェンロ(かつては本田圭佑も所属)というチームで主力として活躍している、主に守備をメインの仕事とする選手だ!!!

 

長谷部のショートコーナーを途中出場の清武がクロスをあげる・・・・・


鮮やかな弾道を描いたそのボールの行き先は・・・・・・・


MAYA YOSHIDA の元へ・・・・・・・・・・・・・・・


GOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOLサッカーサッカーサッカーサッカーサッカー







その後は全く覚えてないんだ・・・・・・

彼のゴールが決まってからは・・・・・・

気づいたら僕はベッドに横たわっていたよ・・・・・・

でも、ひとつだけ覚えてることがあるんだ・・・・・

それは、僕の横にあったワインボトルが・・・・・

封を開けたばかりのワインボトルが・・・・・・

僕の横たわったベッドに転がっていたんだ・・・・・

え?

そのボトルの中身?

それは君の想像にお任せするよ・・・・・・

ただ、僕がいえるのは、その横たわったボトルにはコルクが無かったよ・・・・・

そして僕のベッドはいつもと同じようにサラサラしていて太陽のにおいでいっぱいだった・・・・・







posted by バティ at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

It's too late !!!!!!


 ココにきて急速にブログを更新している

 ミンナのヒーロー”バティ”さんだよ演劇演劇演劇演劇演劇

 本日のお話は勿論!!!

 サッカー日本代表 でしょう!!!



 ・・・・・・・・・・・・・・




 まあその話題以外したことないけどバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)


 ミンナのヒーローとしてもっと貪欲にいろんな世界を知らなければと思う今日この頃ですたらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)

 
さて、昨日の北朝鮮戦

手に汗握る熱戦でしたね!!!


我らが日本代表は先のブログにも書いたようにチームの大黒柱とも言うべき”本田 圭佑”選手と”長友 佑都”選手が欠場。
代役としては、日本代表として南アフリカW杯を戦った”駒野”(通称コマちゃん)”が長友の抜けた左SBに、本田のポジションにはドイツブンデスリーガ昨期優勝チーム”ドルトムント”でこのポジションを確固たるものとした”香川”が入るかと思われたが晴れ晴れミンナのヒーロー晴れ晴れ”バティさん”の予想を覆し、浦和レッズで好調を維持する”柏木”が先発!!

うーん曇り曇りここはやっぱり”香川でしょ!!!ほんで本来の香川のポジションには”原口 元気”ちゃうん!!!と思いながらのスターティングイレブンの発表を聞く晴れ晴れ

対する北朝鮮代表はドイツブンデスリーガでプレーをするFWチョン・テセをはじめJリーグで活躍する選手たちが勢揃いのベストメンバーでのスタート。


 予想通り北朝鮮代表は完全に日本に得点をさせないことを大前提にほぼ11人全員で守りきり、あわよくば攻めあぐねる日本代表にカウンターで1点取れればの守備重視のサッカーを展開。

 我らが日本代表はいつも通りの4−5−1のグラウンドをワイドに使う攻撃的なフォーメーションで圧倒的にボールを支配!!

 いいねぇ!!技術を重視し、テクニカルなサッカー!!

やっぱり、見てる側とすればこういうサッカーが楽しいですねーーグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)


ただ・・・・・・・・・・・・



試合が順調にすすんでいくにつれ妙な胸騒ぎが・・・・・・



我らが日本代表の悪い癖・・・・・

格下相手のボールは持てるが全然得点が入らない・・・

果ては、得点の匂いすら漂わない・・・・

 
という癖が出てしまうのではないかという不安を感じざるを得ませんダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)



oh!!Jesus!!

予想とおりじぁないか失恋失恋失恋失恋

という展開で前半を終了


頼むで!!後半は!!

と意気込む”ミンナのヒーロー”バティさん”ひらめきひらめき

いやいや!!あかんあかん!!

よく考えたらバティさん11人でサッカーしたことないわダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

こんな上から目線で日本代表見てたらバチあたるわ爆弾爆弾

 
・・・・・

ということで

日本代表の皆様!!よりよい結果のために!!私の様な小市民に夢を与えるために!

是非よろしくお願いします決定


とここでヒートアップしすぎたため一旦締めくくります。

後編へ続く・・・・・・・・・・・・





posted by バティ at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月01日

いよいよ前夜です。


晴れ晴れHELLO!EVERYONE晴れ晴れ

本日もキッチリひらめきバティさんの登場です。

本日のお題は・・・・・・・なんと・・・・・・・・


昨日「バティScoooooop」の続きです。



222阿部 勇樹

特徴

 イングランドでプレーをし最年少J1リーグ出場記録を持っている早くからJリーグで活躍する守備的MF。かつての日本代表監督のイヴィチャ・オシムに指導され万年J1の残留争いのジェフユナイテッドを常勝チームに立て直したオシムサッカーの申し子。(眼鏡眼鏡オシムサッカーとは、敵の守備を崩す(仕掛ける)ことを個人技だけに頼らずチーム全体で局面局面を打開していくサッカー。チーム全体で局面を打開するため絶大な攻撃力を誇るが、チームが戦術を完璧に理解していないと全く機能しない、また、全員攻撃、全員守備をモットーとする為相当なスタミナ、選手自身が複数のポジションをこなせる柔軟性、チーム全体の戦術理解力が必要とされる体現化が極めて難しいサッカーである。)

守備的なポジションであればDF、MF、センター、サイドを問わずにプレーをする。

また、彼の右足から放たれる正確無比なロングパス、ミドルレンジからのシュート、直接FKは数々の決定的な得点シーンを数多く生み出す。


見所

 今回の試合では彼のポジションであるMFは、現在の日本代表サッカーの絶対的司令塔である遠藤と、チームキャプテンとして日本代表を統率する長谷部がスターティングイレブンを飾るだろう。
ただ、チームに戦術変更(得点のリードによりもっと守備的にゲームを運びたい、また、一人のプレイヤーに守備をかき回されている時の特定の選手をカバーするマンマークをつける等・・・・・)が必要な際にはゲームにアクセントをつけられ、ハードワークを惜しまない、ポリバレントな能力を備える彼の出番だ!!
彼が試合に出てくるときには必ず我々日の丸集団が勝利を目前にしている時なのだ!!

彼の与えられた仕事をエレガント、かつ的確に、完璧に仕上げる冷静沈着なハンターのような様を是非ご注目!!


個人的に

イングランドプレミアリーグ(2部リーグだが犬犬)で培った経験を今の若くて勢いのある日本代表に与え、より逞しいチームとなる為のエッセンスとして欲しい。
W杯ではアンカーとして完璧に任務をこなしてきたが、もっともっと彼の能力を生かしチームを強化することは可能なはず!!勝手ながら京都は木津山城より応援してますパンチパンチパンチパンチ


ということで明日の試合はこの二人を是非ご注目下さい。

・・・・・・・・


とはいえ、選手層のブ厚い現在の日本代表、必ずしも試合に出られるかはわかりません・・・・・


ただ!!


もし!!

前述のこの二人が試合に出場した際は惜しみない声援、



惜しみない「オー手(グー)手(グー)オーニーッポーン手(グー)手(グー)ニィッポン!ニィッポン!オーニィッポォォォン手(グー)手(グー)をご自宅で、スポーツバーで、または世界の中心でお叫びくださいひらめきひらめき


ではまた・・・・・・



See Ya!!





posted by バティ at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
- PR -